PC1920x1080.jpg

2015年12月25日

3人の時のフェイス構成

pol 2015-12-21 23-16-28-801.jpg
ル・オンのNMは神符を増やすために3人でもやってました。
ナフーラのフェイスの構成はヨラン、セルテウス、ナシュメラ。
殴りが二人だと赤様は脳筋なのでほとんど何も考えずにシャンデを連発してるだけで終わりましたw

続きを読む
posted by Cemu at 09:30 | Comment(0) | エスカ-ル・オン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

強い奴と弱い奴


今回はル・オンのCL125の残りのNMに挑戦!まずはPalila(パリラ)から。
フェイスの構成はアムチュチュ、ヨラン、キング、ナシュメラ、セルテウス。
こいつもサポは何でも大丈夫だけどMP面に不安があるならサポ赤とかの方がいいかも。
食事は保険にブラックカレーパン。
必要な魔法セットはエントゥーム、エンバームアース、スペクトラルフロー、夢想花(多分枠が余るのでメメントでさらに特性アップでも。)
武器はニビルカジェルかアイリス二刀流。

特殊ロジックはフルカンのエフェクトと「!!」弱点に加えて
リヴァベレイトクライとデビリートサージで雑魚を召喚してきます。
最終的に攻撃力の高い雑魚を6体同時に召喚してきます。

戦術はウェイテッドフラックスが前方範囲でかなり痛いので、アムチュチュ以外を巻き込まないように立ち位置に気をつけて戦闘開始。
エントゥームとスペクトラルフローで最初の雑魚を掃除したら離れて属性魔法で削っていきます。
斬が通りづらく闇風雷など殆どの属性魔法が通らないので倒すまで少し時間が掛かりマシタ。
スロウも入るし削りとしてもエンバームアースがコスパやリキャストが早く使いやすかったですw

エフェクトの対処方はTPがあればドリル連携で、なければエンバームアースやエントゥームを連打して「!!」を発生させてました。
雑魚召喚の対処方は、夢想花のタイミングが重要で、少しでも早すぎたりするとパリラしか浴びなかったり
遅かったりすると終盤では6体同時に殴られて下手すると即死に繋がります。
例え耐えきれても詠唱中断率ダウンがボトムなので2ターン目でカルカリもすぐに切れます。
召喚された雑魚の名前が赤くなったのを確認してから夢想花を使えば殴られることも無く丁度いいタイミングで寝てくれます!
ここまで出来れば後は繰り返して合間にエンバームアースをメインに削れば倒せると思います!
前半の20%削った辺りでセルテウスやナシュメラが沈んだ回でも安定して倒せたので、とにかく雑魚の対処だけに気をつければ倒せると思います('Д')
安定させる方法を見つけるまではル・オンのCL125NMの中では一番強かったですw


続いてパリラと同じフェイス構成でKmmavaca(カマヴァカ)へ!
必要な魔法セットはエントゥームのみ、普段入れているエレ魔法1枠と入れ替えるだけで
残りはレギュラーにしているセットで大丈夫です。

戦術は、本体の魔法詠唱後に召喚される雑魚4体をエントゥームで石化させてから
雑魚の名前の頭がC→L→M→Aの順に倒して再召喚を封印→後は本体を殴り倒すだけです!
正直コイツは一番弱くて動画にするのも迷ったくらいですが撮っちゃったので一応一緒に埋め込み('Д')

FFXIブログリンク
ダウンロード.jpg
posted by Cemu at 08:23 | Comment(0) | エスカ-ル・オン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

実戦投入


早速STP装備が役に立つ相手で使ってみたり。
今回はエスカ-ル・オンのNaphula(ナフーラ)に挑戦!
フェイスの構成はヨラン、ナシュメラ、キング、ミリ、セルテウス。
サポはシーフでも何でも大丈夫です。
オススメの食事はレッドカレーパン以上のもの。
あったほうがいい魔法セットはストアTP3〜4段(サドン+ファンタッド+ディフュージョンレイ)
武器は8振りが可能ならニビルType:B、届いていなければ何でも大丈夫です。
動画ではテネブラを使ってるけど追加効果は滅多に入らないか入ってもハーフです。

ナフーラの特殊ロジックは1度に5000ダメージ以上与えるとカックル+コメット(後半メテオ)のセットを必ず使ってきます。
連携ダメージも含むので4000+2000という場合でも使ってきます。

この8振り装備なら、計算上では特殊技即撃ち状態になる残りHPになっても先にコチラのTPが貯まって他の特殊技を完封することができます。

ということでセルキットと似たような方法で戦ってみました。
因みに攻撃力は召喚される雑魚、コメット、メテオどれも低めで
物理カットや魔回避装備は一切要りませんでした。

そしてコイツでソロの場合に重要なのがタイミングと与TP
アムチュチュを入れただけで、他のフェイスの攻撃も当たるのでカックル→メテオの間に相手のTPが1000以上になってしまいます。
もちろんフェイスが5000ダメージも与えられるわけがないのでただの邪魔者に(´・ω・`)
でも完封に失敗すると召喚されたり面倒ではあるけどドリル2発ちょっとで倒せるので他の同エリアのNMほどじゃないかも。(※エントゥームの石化も普通に入ったかも)
ということでコイツも適当なフェイス構成で最悪の展開になっても負けなかったけど、連戦して最終的に行きついたのが上記のフェイス構成です。

残るはタイミングの問題。
動画では撃つペースとタイミングが早すぎて相手がTPを使い切る前に撃ってしまったりと2、3度完封に失敗しているところがありますw
ちゃんと確認して撃った方がいいかもしれませんネ。

中盤以降から1度だけ魔力の泉を使ってきます。
効果中は特殊技は使ってこないのでボーナスタイムです('Д')
魔法も連打してくるのではなく切れる少し前にインパクト(※範囲化)を使ってくるだけ。
ファストキャストも付いてないので離れて自分だけで喰らうと治癒持ちだらけのフェイスが手早くインパクトの状態異常盛りを消し去ってくれます。
動画では普通に喰らってますがキニシナイキニシナイ。

しかしエコーズの時に気になって記事にしたけどやっぱりキングは少し魔回避が高いですネ。
時々メテオをレジったり、ヨランのような特性もないのにブレクガをレジったりしてましたw

FFXIブログリンク
posted by Cemu at 22:23 | Comment(0) | エスカ-ル・オン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2002-2015 SQUARE ENIX CO, LTD. All Rights Reserved.